気になる脚のむくみの予防方法ってあるの?

気になる脚のむくみ・・・その原因と予防方法って?

 

脚のむくみは女性には多い症状の一つです。

 

立ち仕事でもデスクワークでも、夕方になると足がパンパンになって、パンプスがきつくなったり、ブーツが履けないなんてことも。

 

ここではむくみの原因と、普段からできる予防について検証していきます。

 

脚のむくみはなぜできるの?

 

脚のむくみは、一言でいうと脚に過剰に水分が溜まってしまった状態です。

 

通常、心臓から押し出された血液は全身を駆け巡り、静脈を通ってまた心臓へと送り返されます。

 

しかし、「第二の心臓」とも言われるふくらはぎの押し戻すチカラが弱ると、余分な水分が溜まりやすくなります。

 

特に女性は男性に比べて血管が細かったり、筋肉が弱かったりするのでむくみやすいのです。

 

仕事で長時間立っているとか、逆にデスクワークで座ったまま、とか同じ姿勢をキープすることが原因になります。

 

他にも、水分の摂りすぎや塩辛いものの食べ過ぎによるもの、冷えや運動不足によるものなど、原因はたくさんあります。

 

 

脚のむくみを予防するには?

 

つらい脚のむくみは、セルライトが出来たり下半身太りの原因にもなりますね。

 

そんなむくみを少しでも解消できるよう、予防策を書いておきましたのでぜひ参考にしてみてください。

 

 

脚をマッサージする

 

入浴後にオイルやクリームをつけて脚をマッサージします。

 

下から上へ、心臓の遠くから近くへ向かってしっかりリンパを流すようにするのがコツです。

 

 

有酸素運動や筋トレをする

 

ウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動、そしてスクワットなどの筋トレは血流をよくしますので、むくみ予防には抜群の効果を発揮します。

 

1日おきでもいいので少しずつ始めて見ましょう。

 

 

塩分を控えめにする。

 

塩分を摂りすぎると、体内のナトリウムが増えて余分な水分をキープします。

 

塩辛いものは控えた方が無難です。

 

また、バナナや海藻類に多く含まれるカリウムにはナトリウムを排出する効果がありますので積極的に摂りたいものですね。

 

 

以上がむくみの原因と予防方法です。

 

脚のむくみもひどくなると体調不良や病気の原因にもなりかねませんので注意が必要ですね。


inserted by FC2 system